ナポリではブランドバッグを持って歩いたり、道を尋ねる時に宿泊先のホテル名を言うのはNG!

海外で比較的治安が悪いと言われるところ

MENU

比較的治安が悪い海外

海外旅行に行くなら美味しいものを食べてきれいな景色を見て楽しみたいですよね。
でもいくら食べ物が美味しくてきれいな景色があったとしても治安の悪いところはちょっと…

 

今回は国自体としてはそんなに治安は悪くないけどこの地域は悪いので注意が必要ですといった地域について、1か所ピックアップで詳しくご紹介します!

 

 

ナポリ

「ナポリを見てから死ね」という言葉があるほど美しいと言われるナポリですがその実態はというと…上からの眺めはきれいですし古代都市などとても美しく魅了されるものがたくさんです。
ピザの本場であり美味しいピザも食べられます。
ただ…残念ながら街はゴミだらけでイタリアの中で最も治安が悪いと言われる地域なのです。
イタリア人ですら行きたくないという人がいるナポリの治安。
レンタカーを借りる際にナポリに行くというと貸し出しを拒否されたり車種ランクを最低に落とすように言われたりすることもあるそうです。
マフィアの温床でもあり、ヨーロッパで流通している偽札の50%はナポリで製造されているそうです。

 

 

ナポリの危険ゾーン

ナポリは全体的に危険な地域ですがその中でも特に危ない地域があります。
スペイン地区、ナポリチェントラーレ周辺、モンテ・サント地区、サニタ地区などです。

 

スペイン地区には地元のナポリ人も足を踏み入れたくない地域なようなので観光客が立ち入るのは絶対にNGです!

 

地元っ子にとってスペイン地区はまだ序の口。
ガリバルディなどもっと危ない地域だと、誰もがわかるくらい空気がガラッと変わるようです。

 

ナポリでショッピングバッグを持って歩いていると狙われます。
買い物した=「私はお金がありますよ」というアピールのようなもの。
そもそもショッピングバッグは持たないでいただきたいですが、間違えてもブランド物のショッピングバッグなん持たないでください!
狙われても文句は言えません…
そのため海外旅行にはブランドものを持って行かないのがベターですがナポリは本当にブランド物は持って行かないでください!

 

またホテル名を尋ねるとそのホテルのランクでお金を持っているかどうかがわかってしまいますので、もし個人で旅行に行って誰かにホテルまでの道を聞きたいときは、ホテル名ではなく方面などだけ聞いて教えてもらいましょう。
一番いいのはなんらかの形で現地でケータイを使えるようにして、マップで検索したりナビでホテルまで行くことです。

 

そんなナポリですがもちろん美しい風景も歴史遺産もありますし、なにより本場の美味しいピザが食べられるという魅力もあります!

 

ただ旅行の際は十分な注意が必要ですので海外旅行になれていない方はツアーで行くことをおすすめします。比較的治安がいい海外も紹介していますので、そちらの検討もおすすめします!