英語をマスターするには通勤時間や昼休みよりも自宅でのスキマ時間を活用した方が習得しやすいです。

忙しい人でも語学をマスターできる方法とは~スキマ時間を活用しよう

MENU

スキマ時間で英語をマスターする方法

社会人になって海外旅行に行ける経済力を持つと、なんで学生時代にもっと英語を勉強しなかったのだろうと後悔するものです。
社会人になると、まとまった勉強時間を作ったり、月額制の英会話教室に通う時間的な負担が大きくなります。
ここでは、忙しい社会人でも実践できるスキマ時間を活用して英語をマスターする方法を紹介しています。

 

聞いて覚える

 

スピードラーニングを聞いている女性

 

スキマ時間を使って英語を覚える定番の方法が、聞いて覚える英語マスター術です。
有名なのは日常的な英会話と日本語訳の音声が繰り返し流れるスピードラーニングです。
ほかにも、映画やドラマの字幕版を見て覚えるのも効果的です。
昨今はスマホから手軽に動画のストリーミング再生をできるので、移動時間を活用して手軽に英語をマスターできます。

 

しかし、耳からの学習で本当に英語をマスターできる人よりも挫折する人の割合が高いのが現状です。
成功する人と失敗する人の差は基礎の有無で、一般的な助詞や動詞と幅広い単語を理解して基礎のある人は、聞くだけの学習法での成長が早いです。
基礎ができていない人は、聞くだけでは頭の中に入ってこないので、別に基礎学習をしっかり行う必要があります

 

スマホアプリを活用

文法の基礎を覚えたり単語の暗記をする場合、スマホの英語学習アプリが便利です。
海外旅行でも困らない日本語を身につけるには、英単語を和訳する問題が収録されたアプリがおすすめです。
スマホアプリを使えば、外出先や就寝前の布団の中など、スキマ時間で手軽に勉強できます。
基礎を固めていけば、他の勉強法を実践した際の吸収力が大幅アップします。

 

日常生活に英語の勉強を取り入れる

1回の勉強時間が5分から15分程度でも、それを繰り返せば大きな勉強時間に変わり、費やした時間相応の成果を期待できます。
この仕組みを分かっていても、短い時間の勉強を繰り返すことができず、3日坊主で終わってしまう方が多いです。

 

ついついスマホで遊んでしまう女性

 

継続できない理由は、次第に面倒に感じてしまい、勉強をする環境を作ることに対してのモチベーションが下がってしまうことです。
たとえば、スマホさえあれば手軽に勉強できる方法はたくさんありますが、モチベーションが低いとYouTubeアプリを開いた際に、英語の動画ではなく自分の好きな日本語動画に走ってしまうものです。
全般的にスマホは勉強以外の誘惑が多いので、意識が高い人でないと継続できません。

 

こうした問題を解決するテクニックで紹介したいのが、日常生活に英語の勉強を取り入れることです。
おすすめの方法はトイレと風呂場に英単語のリストなど覚えたいことを貼って、トイレや入浴をする際に強制的に勉強する環境を作ります
普段は考え事をするなど、なんとなく時間が過ぎている日常生活で英語の勉強をできる環境に変えれば、継続率が大幅にアップしますよ。

 

スマホの普及で、スキマ時間=通勤時間・昼休みだと決めつけてしまう人をよく見かけますが、本来はスマホで動画やネット記事を見るなど、癒やされる時間を勉強に変えるとストレスになります
もちろん、気が向いた時にスマホで勉強するのもいいですが、家の中でのスキマ時間を活用した方が習得しやすいです。