流行の学習ツールを活用したり、シンプルな短時間の勉強を継続しましょう。

大人になって始める英語マスターへの道~シニア向け語学習得の秘訣

MENU

シニアになってから英語をマスターする方法

海外旅行はお金の他に時間も必要なので、フルタイムの仕事をしていると中々行く機会が少ないです。
定年退職をしてから、海外旅行にハマってしまうシニア層が増えていますが、シニアになってからでも英語をマスターすることは可能なのでしょうか?

 

個人差はありますが、何歳からでも英語を覚えられます。しかし、若い人に比べて英語をマスターするハードルが高いのも事実です。
シニアになってから英語をマスターする方法とコツをまとめました。

 

短時間の勉強を継続

年齢を重ねると記憶力と集中力が低下していくので、英語をマスターする為には集中した勉強時間を継続的に行う必要性が高くなります。
毎日継続することはもちろん、集中した時間を増やすために短時間の勉強を1日複数回に分けるのが理想です。
朝食を終えてから30分。就寝前に30分などルールを決めてルーティン化すると良いでしょう。

 

お金をかけて英会話レッスンに通う方も多く、プロから学ぶのは有効です。しかし、週に1回1時間のレッスンだけを受けても英語は習得できません
まずは自宅で手軽にできる勉強から始めるようにしましょう。

 

海外旅行に興味を示すシニア夫婦のイメージ

 

いきなり高いハードルを持たない

シニア層の失敗事例で非常に高いのが、いきなり失礼のないような完璧な英会話を覚えようとしてしまうことです。
シニア層になると、日本人とのコミュニケーションの中で失礼な言い回しをすることへの抵抗が強くなります。
年齢に見合った威厳を確保したい理由から失礼にならない丁寧な英語をマスターしようとすると、基本が身につきにくくなります
最初は助詞や動詞はシンプルな内容で、言い回しが悪くても最低限の意味を伝えることを目標にしてください

 

発音も正しく行う必要はありません。カタコトの英語でもいいので、意味だけでも理解してもらうことに重点を置きます。質を高めるよりも基礎を固めることに注力しましょう。
シニアになってから英語をマスターする人の多くは、単語をたくさん暗記するなど、シンプルな勉強法を実践している方が多いです。

 

流行の学習ツールを活用する

 

スマホを操作するシニアの様子

 

インターネットの普及によって英語の勉強方法が進化しています。
英会話教室や、書店で売っている参考書、DVDなどの在宅学習商材を買うのもいいですが、YouTubeやスマホアプリなど手軽に英語を学べるツールを積極的に活用しましょう。
スマホをフル活用することに興味がなかったり、モニター越しよりも紙を使ったアナログツールを好む方も多いですが、新しいことをどんどん取り込んだ方が勉強効率が格段に高くなります。

 

そもそも、新しい物を拒否する価値観があると、これまで日常の中になかった英語を習得するのも困難です。
固定概念を持たずに、何でも積極的に取り入れてみる心構えが英語マスターにも役に立ちます

 

なお、インターネットの普及によって、価値の低いものを高額で販売する詐欺まがいの悪徳商材が増えています
新しい勉強法に挑戦するのは良いことですが、高額商材の導入は慎重に検討しましょう。

 

当サイトではお金をかけずに英語を学べるツールとコツを紹介しています。英語を学ぶツールは年齢が関係ないので、若い方と同じ勉強ツールの活用をおすすめします。

 

低予算で英語をマスターする方法